listenerslink

音楽とオーディオ愛好家のサイトです

 「真空管のある風景」= 落ち葉 と 6550     「コロナ 再拡大 !」 なので

 

 

    < 密閉、密集、密接を意識し、避けて ”たいへんだけど 前向き指向” で乗り切りましょう! >

 

 

       ” 素敵な 音楽 で気分転換 !! ”

 

 

  = 結局は、自分自身や身近な人が感染するとめちゃ後悔すると思いますよ。

 

  = ウィルスの特性を理解し「正しく恐れましょう」

 

  = 今は やるべき事をやりましょう! 鎮静後は「あの時は大変だった」と”ねぎらう宴会の 想い出” に

 

    しましょうよ。

 

 

= 他のサイトから引っ越して来ました。2019年8月31日に正式開設しました。宜しく~ =

 

 ☆ 「特集」の フルサイズ はこちら (1週間単位のダイジェスト版も有ります 外部サイトです)

 

 ☆  各オーディオ俱楽部の試聴会日程等の情報はこちら = 中止や延期が多いので当面更新しない予定です

 

 

 

第6話 直結アンプの実現_まずは使用真空管の規格表です

この規格表は真空管の製作の本などに記載されています。サイトもあるかもしれません

6GW8 という真空管は電圧増幅用の3極管と5極出力管が同封されたMTタイプの真空管で当時、AM,FMチューナーやレコードプレーヤー、スピーカボックスが一体となった高級ステレオのアンプとして使用され、ポピュラーな 6BM8 の兄貴分、オーディオ用として開発された球として知られています。以下、主要な規格を列記します

・ヒーター特性
Ef(ヒーター電圧)=6.3V If(ヒーター電流)=0.7A

・最大定格
Eb(プレート電圧)=最大 300V
Ec2(第2グリッド電圧)=最大 300V
Pp(プレート損失)=最大 9W
Pc2(第2グリッド損失)=最大 15W
Ik(カソード電流)=最大 55mA
Rg1(第1グリッド抵抗)=最大 1MΩ

平均特性 シングル A1級増幅
Eb(プレート電圧) = 250V
Ec2(第2グリッド電圧)= 250V
Ec1(第1グリッド電圧)= -7V
Rk(カソード抵抗)= 170Ω
Esig(信号電圧) =3.2Vrms
Ib 0(ゼロ信号時のプレート電流) = 36mA
Ib sig(最大信号プレート電流) = -
Ic2 0(ゼロ信号時の第2グリッド電流) =5.5mA
rp(プレート内部抵抗)= 45kΩ
Gm(相互コンダクタンス)=10000μモー
μ(増幅率)=21
RL(負荷抵抗)=7000Ω
P0(出力)=4.2W
KF(全高調波歪)=10 %

上記規格で読み取れる簡単な解説
.轡鵐哀襭1級増幅回路の動作例
 ・固定バイアスの時
   プレートと第2グリッドに直流 250V を供給し、第1グリッドに -7V を供給した時にゼロ信号時
   のプレート電流は 36mA が流れる。それと同時に第2グリッドにもゼロ信号時に5.5mAの電流が
   流れる。その時アウトプットトランスの1次側に7KΩを使用した場合2次側は4.2Wの出力が得られる
   その時の全高調波歪率は 10% である。
 ・自己バイアスの時
   カソード抵抗を170Ω にした場合 第1グリッドに -7V を供給した上記、固定バイアス時と同様
   な結果が得られる
▲廛譟璽汎睇抵抗が45kΩという事は真空管の中では 高抵抗の部類になる。という事はプレート電流を
  低く抑えて、電源トランスが小型に出来るのでアンプ部を内臓にしやすい
A??┐ 21 は高増幅率の部類となる。なので同封の電圧増幅管(3極部)と組み合わせれば、この1本
  で片ch分のアンプが構成出来る
い海瞭虻醂磴蓮1例であってプレート電圧や第2グリッド電圧を300Vまで加える事が出来るが、プレート
  電流は プレート損失の制限があり、 プレート損失/プレート電圧=プレート電流なので
  9W/300V=30mAまでである。ちなみにアンプ製作などの調整中にプレート電流は55mAを超えては
  いけない
ヂ1グリッドに並列に入る抵抗は 1MΩ以上を使用してはいけない、第1グリッドのバイアス電圧がマイ
  ナスではなく、プラスとなった場合、第1グリッドが破損し、エミ減(エミッション減少=真空度減少)
  となり、使用不可となる可能性がある
Ε辧璽拭鴫麩に電圧 6.3V を加えると 0.7A流れる
Г海凌振?匹魯廛奪轡絅廛詁虻遒睫渭製侏茲襪、記載されていない